レイノルズ数とは - 伝熱設計計算セミナー

お申し込み

HOME > 熱計算基礎知識 > レイノルズ数とは

レイノルズ数とは

このような計算をされている方に必要な知識です

強制対流熱伝達の計算
乱流、層流の判断をする時
流れの粘性力と、慣性力の割合を計算

レイノルズ数とはこのように定義されます

「粘性力に対する慣性力の割合」
Re.jpg


Re:レイノルズ数
u∞:流体の速度(m/sec)
L:代表長さ(m) (円柱の場合直径、パイプ内の場合内径)


ν:動粘性係数(m^2/sec)

具体例として以下のようなものがあります

管内の流れでは、レイノルズ数が2300以上になると、乱流になります。
管の外(パイプなどの外側)の流れでは、2×10^5付近が、層流と、乱流の判断基準(臨界レイノルズ数)になります。


 
 

おしらせ

東京 熱量計算相談会 

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセルファイル提供 伝熱計算 代行

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop

エクセル伝熱計算代行 熱設計社員研修申込 伝熱講習会申込 熱計算のヒント

新着記事

メニュー

カテゴリ

次回公開セミナー

近日公開

セミナー開催日



 は公開セミナー開催日  は社員研修受付日

過去開催セミナ-の様子

講師の新着ブログ

サイト内 検索

熱基礎知識を検索
↓↓↓↓↓


本サイト内 を検索

対応可能地域

    日本全国
    flag_j.jpg

    アジア各国(順序不同)
    中華人民共和国
    中華民国(台湾)
    大韓民国
    タイ王国
    インドネシア共和国
    インド共和国
    シンガポール共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_sin.jpg

    欧米各国(順序不同)
    アメリカ合衆国全域
    イギリス
    ドイツ連邦共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg

会社概要






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。