滴状凝縮とは

お問い合わせはこちら Fax.052-308-6939

滴状凝縮とは

2012-06-14

このような計算をされている方に必要な知識です

凝縮器(コンデンサ)の化工計算
多管式熱交換器の凝縮量計算

滴状凝縮とはこのように定義されます

「凝縮器の伝熱管に接触した蒸気が滴状になって滴り落ちる現象」

他の現象と比較するとこのような事が言えます。

膜状凝縮と比べて、滴状凝縮は伝熱係数は非常に大きくなる。
これは膜状凝縮は伝熱管全体に液体が膜状に付着するので、
熱交換は膜を通して行われるのに対して、
滴状凝縮は伝熱管表面一部分では
蒸気と接触していて、そこで熱交換が行われるからである。


お知らせ

2021年5月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください


PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME