伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

お問い合わせはこちら Fax.050-3000-1369
熱抵抗計算式
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) 放熱面を増やす目的でヒートシンクの形状が複雑になっており、放熱を良くし熱抵抗が低くなります。 基礎温度計算編の演習最後に扱ったヒートシンクを含んだ熱回路網法の...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

熱流体シミュレーションソフトVS熱伝達率実験式
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) シミュレーションと、熱伝達率の実験式を両方使用することをおすすめします。 レイノルズ数、熱伝達形状によってはシミュレーションソフトの得手不得手があるので、 常...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

半無限固体の接触温度
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) 半無限固体の接触温度の数式で扱われています。 条件としては接触面と反対側の温度が初期温度を保っている範囲となります...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

グラスホフ数
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A)冷却対象の形状によって異なります。 自然対流熱伝達のヌセルト数を提示している文献に記載有ります...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

熱伝導方程式を熱伝達境界で解いた一般解
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) 熱伝導方程式を第三種境界条件で解いた一般解を演習で活用いたしました。 第三種境界とは熱伝達境界ともいわれ、そのほかに下記の境界条件で解いた一般解もあります。 ...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

臨界レイノルズ数
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A)冷却対象によりますが、乱流領域の熱伝達を利用する方が冷却効果が格段にあがります こちらの計算で示しました通り、熱伝達率は大幅にかわりますので熱伝達を促進する各種...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

誤差関数と余誤差関数の関係
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) erf: 誤差関数(error function) erfc: 余誤差関数(complementary error function) と言われる関数です。 ...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

臨海レイノルズ数前後の熱伝達率
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A)流れの様相によって異なりますが一般的に2,3倍大きくなります。 水冷管内部の熱伝達率の一例を下記に示します。 横軸が流量(L/min)もしくはレイノルズ数、縦軸...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

ビオ数が大きい場合第一種境界条件
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) 厳密には数%未満の違いになります。 下記はプラスチック円柱表面を強制冷却した場合でビオ数が10以上の場合の結果です。 表面温度と流体温度の差は1%未満になりま...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

噴流熱伝達率計算式
2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A) 基礎水冷空冷編での講義で詳細を説明しており、レイノルズ数、ヌセルト数という無次元数によって計算します 基礎温度計算編の演習では目的の温度分布時間変化を求めるた...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

ハイスラー線図数式

2022年2月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問 A)下記のように指数関数で表されます。 ビオ数に応じて各係数がことなります。これは熱伝導方程式を第三種境界によって解いた一般解です。...

伝熱技術セミナー 講義中に伺ったご質問

お知らせ

2022年5月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください

PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME