ブログ記事一覧

お問い合わせはこちら Fax.050-3000-1369

Q)配管内流れのヌセルト数の数式に現れているプラントル数はどこを参照する?

2022-05-31 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A) プラントル数は流体の物性値なので物性値表を参照します

下記の配管内ヌセルト数の数式に含まれているプラントル数は流体の物性値であるので、物性値表を参照します。

パイプ内ヌセルト数, 熱伝達率

Q)レイノルズ数に応じたヌセルト数の数式はどのように調べられますか??

2022-05-31 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)使用する参考書に数式と共に適用レイノルズ数範囲の記載が有ります。

下記は円柱形状(パイプなど)の外側を流れる流体のヌセルト数です。

円柱周りヌセルト数, 熱伝達率

Q)ヌセルト数、レイノルズ数の代表長さのとりかたは??

2022-05-31 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)使用する参考書に数式と共に記載が有ります。

慣例的に以下の寸法をとります。
パイプなどの内部流: 流路内径もしくは、水力直径
パイプなどの外部流: パイプ外形
ブロアからの噴流熱伝達: ブロア出口直径

ヌセルト数, レイノルズ数, 代表長さ

Q)冷却ブロアの吹き付け角度を変化した時の熱伝達率計算手法は?

2022-05-30 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)衝突噴流熱伝達に関する参考書をご覧ください。

すべて実験式ですが、ブロアの角度に応じた伝熱面から放熱する量が計算できます。

衝突噴流熱伝達率

Q)自然対流熱伝達の内部流に関するヌセルト数一例はありますか?

2022-05-30 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)密閉筐体、並行平板内部の自然対流熱伝達に関して実験式が有ります。

一例として水平二重円筒間の自然対流熱伝達の数式が専門書に記載有ります。

自然対流熱伝達内部流

Q)ブロア流量決定のための演習で、熱伝達率が予め指定されていることはあり得ますか?

2022-05-30 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)冷却工程の長さを決定するときに有ります。

限られた時間内に製品の温度を下げる場合、表面から放熱する量が決まっている場合に相当します。

ブロア流量計算式

Q)熱伝 達 率、熱伝 導 率と比熱の違いは?

2022-05-30 [記事URL]

2022年5月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)それぞれ単位から直感的に説明できます。

熱伝達率は
固体と流体間の熱交換量を表す指標
熱伝導率は
物体内を熱が伝わりやすさを示す指標、
比熱は物体の温まりやすさ
と解釈できます

それぞれ、本日講義で使用した数式内では以下の様に使われています。

熱伝導率, 熱伝達率, 比熱

[オンライン週末開催 基礎水冷空冷編]2022年5月28日(日)開催済

2022-05-28 [記事URL]

「Excelを使い自力で熱計算出来るようになるセミナー 基礎水冷空冷編」

このような方にお勧めです

熱計算 初心者
対流熱伝達について基礎理論を学びたい方
必要な冷却風量、水量を計算する必要がある方
空冷、水冷の計算に必要なパラメータを把握したい方
その他、現場での熱課題を自力で解くために必要な知識を得たい方

日時

2022年5月28日(日)残席4名
10時30分 ~ 16時30分 回線公開10:00~ (昼休憩1時間、延べ5時間弱)

過去開催セミナーの様子はこちら

最新技術セミナー開催日時はこちら

講義の到達目標

空冷、水冷の放熱、冷却計算に必要な基礎式を修得する。
受講後はハンドブックさえあれば
目的の場所の温度を達成するために必要な冷却、加熱流量を計算できるようになる。

ご案内パンフレットはこちら

場所

開催時間中インターネットに接続できる、受講者様のご都合の良い場所

オンラインセミナー 必要受講環境

ソフトウェア

Zoomクライアント ソフトウェア (事前ダウンロードを推奨。無くても参加可能)

講義内容

【午前】
1 熱計算をするために知っておくべき事
1.1 熱伝導方程式
1.2 フーリエの法則
1.3 ニュートンの冷却法則
2 冷却風量、水量を計算するために知っておくこと
2.1 強制対流熱伝達率(外部流)の計算方法
2.2 レイノルズ数、ヌセルト数について
2.3 強制対流熱伝達率(内部流)の計算方法
2.4 層流、乱流、臨界レイノルズ数について
2.5 自然対流熱伝達率(外部流)の計算方法
2.6 レーリー数、グラスホフ数について
2.7 集中熱容量法について
3 明日から使える熱計算式集
3.1 熱量が与えられた時の配管流量計算式
3.2 比較的小さい金属製品の自然放熱、温度時間変化計算式
3.3 断熱材表面を触った時の温度計算式
【午後】
4 Excel を使用した実践計算 (Excel による演習)
4.1 高温金型内の水穴冷却水量の計算
4.2 冷却ノズルによる冷却風量の計算
4.3 通電中の電線表面温度を下げるための室温計算
4.4 金属球が室内に放置された場合の冷却時間計算
5 質疑応答・参加者様 独自課題説明・名刺交換
5.1 質疑応答
5.2 参加者様課題説明 1
5.3 参加者様課題説明 2
5.4 参加者様課題説明 3

1カ月無制限質問Ver.

講義当日は理解したつもりでも、後日疑問が湧いてきてもご安心下さい!

通常は、講義日のみご質問にお答えいたしますが、新たに

“1カ月無制限質問Ver.”

を設けました。講義後1か月間、いつでもご回答いたします。場合によっては、PC画面共有ソフトを使用して再度講義内容をご説明いたします!

参加費用

50,000円(税込み)複数参加、早期申し込み(開催11日前まで)割引き 41,000円

80,000円(税込み)1カ月無制限質問Ver.複数参加、早期申し込み(開催11日前まで)割引き 70,000円


[オンライン 基礎水冷空冷編]2022年5月26日(木)開催済

2022-05-28 [記事URL]

「Excelを使い自力で熱計算出来るようになるセミナー 基礎水冷空冷編」

このような方にお勧めです

熱計算 初心者
対流熱伝達について基礎理論を学びたい方
必要な冷却風量、水量を計算する必要がある方
空冷、水冷の計算に必要なパラメータを把握したい方
その他、現場での熱課題を自力で解くために必要な知識を得たい方

日時

2022年5月26日(木)残席4名
10時30分 ~ 16時30分 回線公開10:00~ (昼休憩1時間、延べ5時間弱)

過去開催セミナーの様子はこちら

最新技術セミナー開催日時はこちら

講義の到達目標

空冷、水冷の放熱、冷却計算に必要な基礎式を修得する。
受講後はハンドブックさえあれば
目的の場所の温度を達成するために必要な冷却、加熱流量を計算できるようになる。

ご案内パンフレットはこちら

場所

開催時間中インターネットに接続できる、受講者様のご都合の良い場所

オンラインセミナー 必要受講環境

ソフトウェア

Zoomクライアント ソフトウェア (事前ダウンロードを推奨。無くても参加可能)

講義内容

【午前】
1 熱計算をするために知っておくべき事
1.1 熱伝導方程式
1.2 フーリエの法則
1.3 ニュートンの冷却法則
2 冷却風量、水量を計算するために知っておくこと
2.1 強制対流熱伝達率(外部流)の計算方法
2.2 レイノルズ数、ヌセルト数について
2.3 強制対流熱伝達率(内部流)の計算方法
2.4 層流、乱流、臨界レイノルズ数について
2.5 自然対流熱伝達率(外部流)の計算方法
2.6 レーリー数、グラスホフ数について
2.7 集中熱容量法について
3 明日から使える熱計算式集
3.1 熱量が与えられた時の配管流量計算式
3.2 比較的小さい金属製品の自然放熱、温度時間変化計算式
3.3 断熱材表面を触った時の温度計算式
【午後】
4 Excel を使用した実践計算 (Excel による演習)
4.1 高温金型内の水穴冷却水量の計算
4.2 冷却ノズルによる冷却風量の計算
4.3 通電中の電線表面温度を下げるための室温計算
4.4 金属球が室内に放置された場合の冷却時間計算
5 質疑応答・参加者様 独自課題説明・名刺交換
5.1 質疑応答
5.2 参加者様課題説明 1
5.3 参加者様課題説明 2
5.4 参加者様課題説明 3

1カ月無制限質問Ver.

講義当日は理解したつもりでも、後日疑問が湧いてきてもご安心下さい!

通常は、講義日のみご質問にお答えいたしますが、新たに

“1カ月無制限質問Ver.”

を設けました。講義後1か月間、いつでもご回答いたします。場合によっては、PC画面共有ソフトを使用して再度講義内容をご説明いたします!

参加費用

50,000円(税込み)複数参加、早期申し込み(開催11日前まで)割引き 41,000円

80,000円(税込み)1カ月無制限質問Ver.複数参加、早期申し込み(開催11日前まで)割引き 70,000円


Q)配管出口温度計算式と、ニュートン冷却法則の数式の記号の関係性は?

2022-04-30 [記事URL]

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A)管内壁温度Twや流体温度T∞は流れ方向に変化するので熱量計算式は下記のように表されます。

流量は体積流量でなくて、質量流量となることに注意ください。

ニュートン冷却測、配管出口温度

お知らせ

2022年6月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください

PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME