顕熱とは

お問い合わせはこちら Fax.052-308-6939

顕熱とは

2012-07-08

このような計算をされている方に必要な知識です

相変化を伴わない温度変化の熱計算
内部エネルギの変化がそのまま物体の温度変化に寄与する熱計算
作動流体が、蒸発、凝縮しない熱交換機の熱設計

顕熱とはこのように定義されます

「多数の分子などで構成されている系において、内部エネルギの増加と共に、系の温度も同時に上昇する時、この微視的な力学エネルギーを顕熱という」

具体例として以下のようなものがあります

1(atm)下の水が50(℃)から、70(℃)に上昇した時の熱量
1(atm)下の空気が25(℃)から150(℃)に上昇した時の熱量
1(atm)下の水蒸気が190(℃)から120(℃)に下降した時の熱量


お知らせ

2021年5月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください


PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME