レイノルズ数とは

お問い合わせはこちら Fax.052-308-6939

レイノルズ数とは

2012-07-08

このような計算をされている方に必要な知識です

強制対流熱伝達の計算
乱流、層流の判断をする時
流れの粘性力と、慣性力の割合を計算

レイノルズ数とはこのように定義されます

「粘性力に対する慣性力の割合」
Re.jpg


Re:レイノルズ数


u∞:流体の速度(m/sec)


L:代表長さ(m) (円柱の場合直径、パイプ内の場合内径)



ν:動粘性係数(m^2/sec)

具体例として以下のようなものがあります

管内の流れでは、レイノルズ数が2300以上になると、乱流になります。
管の外(パイプなどの外側)の流れでは、2×10^5付近が、層流と、乱流の判断基準(臨界レイノルズ数)になります。


お知らせ

2021年12月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください


PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME