Q) ヒートシンクを設置する場合と、しない場合で熱抵抗は異なるのか??

お問い合わせはこちら Fax.050-3000-1369

Q) ヒートシンクを設置する場合と、しない場合で熱抵抗は異なるのか??

2022-04-25

2022年4月オンライン開催セミナー中にに伺ったご質問

A) 放熱面を増やす目的でヒートシンクの形状が複雑になっており、放熱を良くし熱抵抗が低くなります。

基礎温度計算編の演習最後に扱ったヒートシンクを含んだ熱回路網法の計算では、

ヒートシンクが無い場合熱伝導シートやプッシャー表面からの放熱による熱抵抗より

ヒートシンクを設置して放熱面が大きくなった場合の熱抵抗の方が小さくなります。



これは、熱伝達による熱抵抗の計算式の分母に放熱面積が存在するためです。

熱抵抗計算式

お知らせ

2022年5月オンライン セミナー開催!

今月の予定

来月の予定

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセル伝熱計算代行

お問い合わせ

ご質問はこちらのお問い合わせフォームにご記入ください


コメントを残す

*

PAGE TOP

過去開催セミナ-の様子
対応可能地域




MENU

CONTACT
HOME