講義中に伺ったご質問 - 伝熱設計計算セミナー

お申し込み

HOME > 講義中に伺ったご質問

Q) 演習で用いた「ヒートシンク」とはどういったものでしょうか?

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

A) 「放熱器」とも呼ばれる、電子部品の冷却に使われる部品です。

流体と接する面積を大きく稼いで、放熱量を増やす目的の部品です。
多くは細かいフィン形状になっています。

Q) 演習で用いた円柱周りの熱伝達率について

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

演習では、10(mm)直径の円柱周りに熱伝達率30(W/m2 K)を用いましたが、実際の風速はどの程度なのでしょうか?

A) 風速1.5(m/sec)相当になります。

Q) 半無限固体の条件について

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

演習で説明された「半無限固体」は実際にはどのようなものですか?

A) 温度の影響が片方まで伝わらない場合です。

有限の大きさの物体でも、物体の初期温度が一様な時に片方から伝わる温度変化がもう片方に伝わっていない間は半無限固体とみなせます。

Q) 初期温度の表記について

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

物体の初期温度をTiとしたり、Tiniとしたりするのは何故ですか?

A) 英語の"initial"という単語から取ったものです。

Q) 熱回路網法を用いればどんな場所の温度でも求まる?

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

A) 熱の流れに依ります。

熱回路網法は熱の流れ内で、同じ温度とみなせる場所同士を線で結び、その間を熱抵抗で置き換えます。
そのため、熱の流れが複雑だったり、温度分布がある固体内はどうしても計算できません。


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


 
 

おしらせ

東京 熱量計算相談会 

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセルファイル提供 伝熱計算 代行

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop

エクセル伝熱計算代行 熱設計社員研修申込 伝熱講習会申込 熱計算のヒント

新着記事

メニュー

カテゴリ

次回公開セミナー

近日公開

セミナー開催日



 は公開セミナー開催日  は社員研修受付日

過去開催セミナ-の様子

講師の新着ブログ

サイト内 検索

熱基礎知識を検索
↓↓↓↓↓


本サイト内 を検索

対応可能地域

    日本全国
    flag_j.jpg

    アジア各国(順序不同)
    中華人民共和国
    中華民国(台湾)
    大韓民国
    タイ王国
    インドネシア共和国
    インド共和国
    シンガポール共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_sin.jpg

    欧米各国(順序不同)
    アメリカ合衆国全域
    イギリス
    ドイツ連邦共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg

会社概要






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。