講義中に伺ったご質問 - 伝熱設計計算セミナー

お申し込み

HOME > 講義中に伺ったご質問

Q) 過渡温度計算式と定常温度について

2012年6月東京(基礎 温度編)にて講習中に伺ったご質問

非定常熱伝導の解の時間を無限大にすると、定常温度が求まるのでしょうか?

A) 極限をとることによりそうなります。

過渡状態数式の自然対数項は時間を無限大にすると0になり、残された部分は別名「定常項」とも呼ばれます。
また、自然対数の肩にかかる部分は時定数と呼ばれ、負数になっている事からも分かります。

Q) 円筒パイプの冷却について

2012年6月大阪にて講習中に伺ったご質問

独自課題に関して解説いただきましたが、パイプ内部外部両方で冷やされている場合、内外表面温度差は検討できますか?

A) できます。

パイプの材質によりますが、講義中にお伝えしたBi数を検討して、表面の熱伝達率と材質の熱伝導率からパイプ材質内の温度分布を大まかに計算する事が出来ます。

Q) 熱拡散率αについて

2012年6月大阪にて講習中に伺ったご質問

熱拡散率(温度伝導率)は物性値表から調べる必要がありますか?

A) 大抵掲載されていますが、熱伝導率/(密度×比熱)によって計算できます。

Q) ハイスラー線図の各種無次元温度について

2012年6月大阪にて講習中に伺ったご質問

Y0や、Ynの違いについて教えてください。

A) 中心に関するか、無次元位置nかの違いです。

添え字に0が付いている場合中心で、nが付いている場合は無次元任意位置nでの無次元温度です。
以下に定義を記します。

mujigen_Ts.jpg

Y0:無次元温度
T0:物体中心温度
T∞:流体温度
Tini:物体初期温度

Yn:無次元位置nにおける無次元温度
Tn:無次元位置nにおける温度

Q) ハイスラー線図と共に使う位置補正係数について

2012年6月大阪にて講習中に伺ったご質問

nの定義はどういったものですか?

A) 無次元距離と呼ばれる値です。

対象物体の中心から表面に向けての距離を中心から表面までの距離で除したものです。
物体表面は1に、中心は0に相当します。


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


 
 

おしらせ

東京 熱量計算相談会 

熱設計計算代行サービスも行っています

エクセルファイル提供 伝熱計算 代行

お問い合わせ

お問い合わせ

PageTop

エクセル伝熱計算代行 熱設計社員研修申込 伝熱講習会申込 熱計算のヒント

新着記事

メニュー

カテゴリ

次回公開セミナー

近日公開

セミナー開催日



 は公開セミナー開催日  は社員研修受付日

過去開催セミナ-の様子

講師の新着ブログ

サイト内 検索

熱基礎知識を検索
↓↓↓↓↓


本サイト内 を検索

対応可能地域

    日本全国
    flag_j.jpg

    アジア各国(順序不同)
    中華人民共和国
    中華民国(台湾)
    大韓民国
    タイ王国
    インドネシア共和国
    インド共和国
    シンガポール共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg
    flag_sin.jpg

    欧米各国(順序不同)
    アメリカ合衆国全域
    イギリス
    ドイツ連邦共和国
    flag_j.jpg flag_j.jpg flag_j.jpg

会社概要






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。